くずまき歯科診療室 HOME  > ドクターズコラム目次  > 

ドクターズコラム第17回「介護中の口腔ケア〜ケア用品の使い方」

第17回「介護中の口腔ケア〜ケア用品の使い方」

さあ、用意はできましたか?それでは、ケアの方法を見てゆきましょう。

分で歯みがきができないお年よりは、お口の中がとても汚れています。
ですから、こまめにふいてあげる必要があります。
ですが、これは介護をする側にとっても負担のかかる作業です。
なるべく手早く済ませられるよう、作業の順番や、楽な姿勢を覚えて、効率的にケアするようにしましょう。

ウェットティッシュ ず、新しい手袋をはめて、入れ歯をしている場合、入れ歯を外します。(ブラシでこすり洗いをしてから、専用の洗浄液に浸けておきましょう)
歯ぐきや歯の表面、お口の中全体が食べかすなどで汚れているようであれば、まずお口の中に入れても大丈夫なウェットティッシュやぬらしたガーゼ、ぬらしたスポンジガーゼなどを指に巻いて、やさしく、大まかな汚れを拭きとりましょう。

※お年寄りがどうしてもお口を開いてくれない場合は、バイトブロックや、介護用の開口器を使いましょう。

次は舌のおそうじです。

スポンジブラシ ずはスポンジブラシを、うがい用のお水にひたして、濡らしてください。
※スポンジブラシがなければ綿棒やガーゼ、やわらかい歯ブラシのわき腹を使いましょう。

お年寄りが吐き気をもよおさないよう、注意しながら、ゆっくりとやさしくスポンジブラシを舌の奥から前に動かして、表面についたコケ状の汚れを取ってゆきます。
舌ブラシを使ってもかまいませんが、ゴシゴシと強くこすりとってはいけません。ブラシやガーゼの清潔な面を使いながら、2〜3回くりかえします。

歯が残っている方は、歯に付いた汚れ(歯垢)をおそうじしていきます。

ブラシやプラウトが使える方は、歯みがき粉を付けずに、ブラシをうがい用のお水で濡らして、1本ずつていねいにみがいてゆきます。

歯ブラシなどが使えない方の場合は、うがい用のお水にひたしたスポンジ・ブラシやガーゼ、お口の中に入れても大丈夫なウェットティッシュなどで、奥歯から前歯に向かって、1本ずつ円を描くように拭いていきます。

裏側や、かみ合わせの面も忘れないようにしましょう。
このとき、歯ぐきも同時にマッサージするようにふくとよいですね。
プラウト
仕上げに、プラウト(なければ綿棒)を使って、歯と歯の間や、歯の根元をていねいにみがきます。歯間ブラシを通せる方は、無理をしない程度に、通しておきましょう。

最後に、お口の中に入れても大丈夫なウェットティッシュやスポンジガーゼを使って、上あご、ほほの内側、舌の下などの粘膜も円を描くようにていねいに拭いていきます。

このとき、白いコケ状の汚れ(カンジダ菌)が付着していないか、よく観察しながら行うことが大切です。

おそうじが終わったら…

そうじが終わったら、口をすすいでいただきますが、このとき、一気に水が入ってむせ込んだり、飲み込んだりしないように、気配りしながら水を口にふくんでもらいましょう。

コップからお水をふくむのが苦手な方は、水でしめらせた綿球をお口の中で軽く絞るような方法で、お水をふくんでもらいましょう。

上の処置を、余裕があれば1日3回以上行いたいものです。


釧路市北大通5-5 葛巻歯科診療室 0154-25-4875

くずまき診療室からのお知らせ 診療時間・休診日について
診療科目
一般歯科・小児歯科・矯正歯科・咬合(咬みあわせ)・歯周病治療ほか…
診療受付時間
9:15〜13:00 / 14:30〜18:00
※土曜日の診療は午前中のみです
休診日
土曜日の午後・日曜日・祝日
診療時間・休診日一覧表
お支払いに利用出来るクレジットカード
分割払いも可能です。取扱カード日専連JCBUCライフVISAマスターカードニコスUFJDCOMCAMEXDINNERSセゾンカードがご利用出来ます。
※上記カードの他にも各種カードお取り扱いしております。
ページTOPへ