くずまき歯科診療室 HOME  > ドクターズコラム目次  > 

ドクターズコラム第23回「審美歯科 3回目(審美歯科治療は高額?)」<審美歯科3>

ドクターズコラム第23回「審美歯科 3回目(審美歯科治療は高額?)」<審美歯科3>

審美歯科治療は「保険外診療」

「保険診療」とは健康保険法によって定められた診療で、材料・方法・診療報酬等が事細かに決められています。ごく一部の例外を除き、すべての治療は保険診療で行うことができますが、保険診療は「悪くなってしまった歯を日常生活に支障のないレベルへ回復する」ことを目的としているため、「より快適にする」「より綺麗にする」「将来悪くならないように予防する」といった目的には、保険外診療をお勧めします。

審美歯科治療の保険診療と保険外診療

例えば、審美性(見た目)、快適性(使い勝手)、被せものの適合性(精度)、耐久性、矯正など、生活の質をあげるような高い要求には応えられず、この制限の枠を越えた診療は「保険外診療(自由診療)」で行うことになります。
より良いお口の環境を目指す審美歯科は、より質の良い材料や処置を行うため保険外診療となります。

保険外診療

健康保険範囲外の審美歯科治療(セラミックなど)

メリット

身体への影響
体にやさしく、金属アレルギーの心配もありません。


自然な仕上がり
裏側まで全てセラミックを用いたものがオールセラミック。自然な仕上がりになります。


自然な使用感
咬み心地も優しく安心。金属の透過による歯肉の黒変や金属自体の露出もありません。


二次的虫歯の予防
その他適応外としては、ゴールド修復があります。金はアレルギーが起きにくい金属で抜群の適合性を有するため、隙間からの細菌・唾液の侵入が少なく、二次的な虫歯を発生しにくいため、長持ちします。


強度
金は腐食に強く、適度な弾力と固さがあるため、隣の歯や咬み合う歯の負担が少なく、歯を支える組織に過度な負担をかけないなど多くの利点があります。見た目を気にしなければ奥歯に関しては、最適な材料のひとつといえます。


デメリット

費用
セラミック・金は保険適用外になり、料金が比較的大きい。

歯の状態や審美の希望・ご予算により、治療方法や使用する材料が変わってきます。
審美歯科をご希望の方は、歯科医師とよく相談してみましょう。

「審美歯科」は原則として虫歯や歯周病の治療を済ませてから行うものです。

まずは悪いところをきちんと直した上で、歯科医師と相談し、あなたの「なりたい歯」づくりに挑戦しましょう。



次回のコラムは、『親知らず 1回目(なぜ「親知らず」と呼ばれるの?)』の予定です。

釧路市北大通5-5 葛巻歯科診療室 0154-25-4875

くずまき診療室からのお知らせ 診療時間・休診日について
診療科目
一般歯科・小児歯科・矯正歯科・咬合(咬みあわせ)・歯周病治療ほか…
診療受付時間
9:15〜13:00 / 14:30〜18:00
※土曜日の診療は午前中のみです
休診日
土曜日の午後・日曜日・祝日
診療時間・休診日一覧表
お支払いに利用出来るクレジットカード
分割払いも可能です。取扱カード日専連JCBUCライフVISAマスターカードニコスUFJDCOMCAMEXDINNERSセゾンカードがご利用出来ます。
※上記カードの他にも各種カードお取り扱いしております。
ページTOPへ