くずまき歯科診療室 HOME  > ドクターズコラム目次  > 

ドクターズコラム第43回「歯と肩こり」

ドクターズコラム第43回「歯と肩こり」

歯と肩こり

「歯(噛み合わせ)」と「肩こり」。
一見すると全然関係がないように思われますが、実は深い関係があるのです。

●肩こりのプロセス
  • 1 噛み合わせが正しければ、ぴったりと上下の歯は合った状態ですが、噛み合わせが悪くなると歯に「あたり」が生じ、これが歯の根の部分を通じて神経や筋肉を刺激します。
  • 2 刺激により体は、当たっている歯を保護したり、かみにくい歯を避け、かみやすい歯で噛み合わせます。
  • 3 噛み合わせに異変が生じると、体はまず、顎の位置をずらしながら、歯の噛み合わせを調節しようとします。
  • 4 次に顎の負担を減らそうと、頭の位置を傾斜させるようになり、やがてこれが背骨を変形させ、骨盤をゆがめることになります。
  • 5 体のゆがみによるバランスの崩れは、歯に最も近い首と肩の筋肉に最初に影響を与え、これが「肩こり」へと進んでいきます。
肩こりの原因
  • ❶親知らず
  • ❷咬頭干渉(早期接触)ある一箇所、あるいは複数箇所の咬頭どうしが他の歯よりも先に当たっている(咬頭干渉・早期接触)状態。
  • ❸治療後の被せ物の不具合
  • ❹顎関節症
  • ❺歯周病
  • ❻片側での噛み癖
  • 咬頭(こうとう)犬歯や臼歯の先端の尖った頭の部分のこと。
  • ◆肩こりの原因は歯のバランスに限りません。 生活習慣を見直すなど原因を検討してみることも大事です。
  • ◆「原因がわからずに肩こりが治らない」「偏頭痛がひどい」といった症状が見られたら、歯の治療中であったり、治療を途中で中断しているようであれば、一度歯科医に相談してみましょう。

なぜ頭痛は起こるの?

●頭痛は、誰もが日常的に経験している痛みです。

●頭痛の原因は、脳の血管の拡張や炎症、脳の周囲の筋肉のこりと言われています。

●頭痛の原因は明確には解明されていませんが、血管系や神経系の関与が明らかになってきています。

歯の病気と頭痛
  • 歯の病気は、頭痛の最初の症状だとも言われています。
  • しかし、頭が痛いからといって歯科医院を訪れる患者さんは
  • ほとんどいません。
  • その理由は、歯に関係する頭痛は初めのうちはそんなにひどくはなく、
  • また頭痛となると他の病気を思い起こすからではないでしょうか?
  • では何故、歯の病気と頭痛が関係するのでしょうか?
  • あごを動かす筋肉は、首から上の部分にあちこちの骨についています。
  • なかでも「顔面頭蓋骨」という骨には、噛むことに最も必要な筋肉が前
  • 後左右にびっしりついているのです。
  • 虫歯が出来たり、入れ歯が合わなくなったりして噛み合わせが狂うと、
  • 筋肉はいつも緊張し休む暇がなくなってしまします。
  • この状態が長く続くと、肩こりや頭痛が出てくるのです。


次回のコラムは、『噛み合わせと体のゆがみ』をお送りする予定です。



釧路市北大通5-5 葛巻歯科診療室 0154-25-4875
くずまき診療室からのお知らせ 診療時間・休診日について
診療科目
一般歯科・小児歯科・矯正歯科・咬合(咬みあわせ)・歯周病治療ほか…
診療受付時間
9:15〜13:00 / 14:30〜18:00
※土曜日の診療は午前中のみです
休診日
土曜日の午後・日曜日・祝日
診療時間・休診日一覧表
お支払いに利用出来るクレジットカード
分割払いも可能です。取扱カード日専連JCBUCライフVISAマスターカードニコスUFJDCOMCAMEXDINNERSセゾンカードがご利用出来ます。
※上記カードの他にも各種カードお取り扱いしております。
ページTOPへ