くずまき歯科診療室 HOME  > ドクターズコラム目次  > 

ドクターズコラム第53回「口臭について」

ドクターズコラム第53回「口臭について」

口臭の原因

口臭の原因の85%は口の中にあり


人と会うときに「自分の口臭」が気になることはありませんか?
自分の手に息を吹きかけてみて、におわないから大丈夫と思っても、家族や友人などに指摘されて悩んだことがある人もいるのでは?


口臭は、このように自分で気づきにくいのが悩みの種で、一度気になりだすと、人に相談できずに、くよくよと悩んでしまうことがよくあります。
口臭の原因のほとんどは、口の中にあります。
全身的な病気が原因の口臭もあり、その場合は、まずその病気を治療することが必要です。口臭の原因を知り、予防を身につければ、もう悩むこともありません。


口臭の分類

口臭は、一般的に歯科的に問題のないといわれる「自臭症(非病的口臭)」と第三者が感じる「他臭症」とに分けられます。

自臭症


◎精神的にストレスなどで緊張する時や、夜間睡眠中の唾液低下による朝の起床時、また空腹時に起こる生理的口臭です。

他臭症


◎虫歯や歯垢・歯石沈着による歯周病などの、明らかに原因がある病的口臭です。


口臭の具体的原因

食べ物がニオイの元


ニンニクやニラ、ネギなどのにおいの強いものを食べた場合は、これらが食後、口臭となって吐き出されます。アルコールの場合はアルコールが分解されて出る成分がにおいの元で、歯をみがいてもなかなか治りません。これらの口臭は、時間とともに自然になくなりますが、人と会う前などは食べないほうがよいでしょう。

全身の病気がニオイの元


全身の病気が原因で、口臭が起こることがあります。これらの原因となる病気はさまざまで、病巣によってにおいの種類が変わるのが特徴です。たとえば、糖尿病にかかっている人が出すくだものの腐ったようなにおいは特徴的で、口臭によって病気に気づくという場合もあります。

口の中がニオイの元 〜歯垢がにおう〜


口臭の原因としてもっとも多いのはこの歯垢によるもの。歯垢は食べもののカスなどが周りに残って、ムシ歯などの原因となるものですが、同時に口臭の原因にもなります。通常食後2時間ほど経つと歯垢は分解されて、においはじめるといわれています。
歯垢による口臭を防ぐには、歯みがきがもっとも効果的です。

舌苔(ぜったい)が原因


舌に白い苔のようなものがつくことがありますが、これが舌苔とよばれるもので、歯の周りにつく歯垢と同じような成分でできています。これが口臭の原因となります。また、抗生物質などの薬の影響や糖尿病などの病気によっても、舌苔の量や色などが、変化することがあります。

ムシ歯や歯周病が原因


ムシ歯や歯周病がある場合は、さらに口臭がひどくなります。
このような状態を放置すると、通常の歯みがきでは歯垢が落ちにくいため、口臭がひどくなり、ムシ歯や歯周病も悪化するという悪循環を繰り返してしまいます。まずは、これらの病気を治療したうえで、正しい歯みがき習慣を身につけましょう。

唾液の減少が原因


私たちの口の中は、常に唾液によって自浄作用が働いていますが、この唾液が少なくなったときに口臭が強くなることがあります。もっとも代表的なのは朝起きたときで、睡眠中に唾液が減少することで口の中が渇き、粘膜の剥離(はくり)したものがたまって、口臭が強くなります。



次回のコラムは、『口臭についてA』をお送りする予定です。



釧路市北大通5-5 葛巻歯科診療室 0154-25-4875
くずまき診療室からのお知らせ 診療時間・休診日について
診療科目
一般歯科・小児歯科・矯正歯科・咬合(咬みあわせ)・歯周病治療ほか…
診療受付時間
9:15〜13:00 / 14:30〜18:00
※土曜日の診療は午前中のみです
休診日
土曜日の午後・日曜日・祝日
診療時間・休診日一覧表
お支払いに利用出来るクレジットカード
分割払いも可能です。取扱カード日専連JCBUCライフVISAマスターカードニコスUFJDCOMCAMEXDINNERSセゾンカードがご利用出来ます。
※上記カードの他にも各種カードお取り扱いしております。
ページTOPへ